日本版リメイクのハイエナはつまらない・面白くない?篠原涼子の迫力不足?

スポンサーリンク

2023年の10月から放送されるドラマ「ハイエナ」。

韓国で大ヒットした「ハイエナ−弁護士たちの生存ゲーム−」を日本版にリメイクされての放送で話題になっていますね!

また、篠原涼子さんと山崎育三郎さんのW主演ということで、更に期待が高まります。

ですが

つまらなさそう

面白くなさそう

という声も多く挙がっていて驚きです!

なぜそのような声が上がっているのか、徹底調査しました。

スポンサーリンク
目次

【3選】ドラマ「ハイエナ」がつまらないと言われる理由

理由①:オリジナルの韓国版が面白すぎる

ドラマハイエナの画像

まずひとつ目の理由としてオリジナルである

韓国ドラマ「ハイエナ−弁護士たちの生存ゲーム−

が大人気すぎるということが挙げられます。

そのため、

  • 世界観を崩されたくない
  • 韓国だからこそのドラマ

という思いが強く、リメイクを望まない方たちの声が多数挙がっていると思われます。

ですが、日本に適した設定を加えることにより

より素晴らしい作品になっている可能性も高いです!

オリジナルのファンの方は、そのギャップもまた楽しめると思われます。

理由②:主人公の迫力に篠原涼子は役不足?

ドラマハイエナの画像

オリジナルの韓国ドラマ「ハイエナ−弁護士たちの生存ゲーム−」では、

主人公を演ずるキム・ヘスさんが大人気でした。

強めで迫力のある演技に、皆さん心を奪われています。

そのため、

上品な篠原涼子さんでは少し物足りないかも…?

と思われる方もいるようです。

ですが、これまでも刑事役など様々な難しい役を演じきってきた篠原涼子さん。

今回も期待以上の演技でそのマイナスイメージを払拭してくださると期待してます。

理由③:日本に馴染みのない財閥や大手法律事務所の設定ギャップがありすぎる

ドラマハイエナの画像

オリジナルの韓国ドラマ「ハイエナ−弁護士たちの生存ゲーム−」のストーリーは、日本には馴染みのない

  • 財閥
  • 権力争い

などが多く絡み合ってきます。

そのため、日本版にリメイクした際、この辺りをどうアレンジされるか?が原作ファンの皆さんは不安視されているようです。

ですが、そこは撮影陣が一段となって磨きをかけているはずです。

あくまで「リメイク」「別物」として新な心で視聴してもいいかもしれませんね!

スポンサーリンク

ドラマ「ハイエナ」の放送日は?いつから?

放送開始日は

202年10月20日(金) 夜8時~

となっています。

夜8時からと早めの時間帯のため、

リアルタイムで視聴できる方も少ないかもしれません。

見逃し配信等でチェック要です!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
目次